店舗の内装デザインは費用を意識することが大切

“店舗を構えて集客しようと考えている場合、他のお店との差別化を図ることが欠かせません。他のお店と同じような印象を持たれてしまうと、なかなか新たなお客さんが入ってくることはないものです。まずは外観に工夫を凝らすことが必要になるわけですが、それだけでは足りません。外観を整えた後は、内装にも気を配るようにしなければならないのです。内装デザインを変更するために必要なものとしては、独自性のあるデザインを考える力が挙げられます。しかし同時に費用のことも考えなければなりません。いくら独自性があって魅力的な内装デザインでも、費用がかかりすぎてしまうのでは意味がないのです。

もちろん高ければ高いほど優れているというわけではないため、費用対効果をしっかりと考えるようにします。どのようなお客さんに来てもらいたいのかによって、内装デザインも変わってくることに注意が必要です。こだわりすぎてしまうと費用が高くなるため、絶対に譲れない部分と妥協してもよい部分とをきちんと分けるようにしなければなりません。自分にとって譲れない部分については、それなりに費用がかかってしまうのも仕方がないと言えます。逆に、妥協できる部分に関しては少しでも安く済ませるように工夫することが大切です。

自分自身で店舗の内装デザインを考えられるのが一番ですが、デザインに自信がない人の場合は専門スキルのある人に任せるのも1つの手です。ここでも当然料金の支払いが発生しますが、自分で考える時間を節約できることを考えれば無駄な出費にはなりません。店舗を少しでも魅力的なものにするためには、ある程度の負担はしなければならないのです。一見すると悪そうに見えてしまう内装デザインでも、実際にやってみると魅力的に映るケースも少なくありません。まずは複数の候補を挙げ、しっかりと比較してから決めることが重要です。自分の店舗として満足できる内装デザインで、費用が手頃なものを選べるのがベストです。”

新店舗の内装デザインにかかる費用

“新しく店舗を作る際、外装と内装デザインはとても重要です。いかに人目を引き、お客様にお店に入って頂けるかはその内外装のデザインによります。特に飲食店の場合、お客様にとって美味しいかどうかは、食べて頂いてからの判断になるので、店舗に入って食べて頂かないことには始まりません。いかに美味しそうな雰囲気を作るか、居心地が良さそうと感じて頂いて入っていただけるかが店舗デザインのポイントとなります。
一般的に外装と内装デザインにかかる費用ですが、大きく分けて2つの算出方法があります。一つは工事費用に一定の比率をかけて計算する方法です。施工業者さんによって比率は変わりますが、デザイン費用は5パーセントくらいが平均な数字となります。仮に工事費用が1000万円だった場合、その5%は500000円となりますのでそれがデザイン費用となります。
もう一つは工事面積に設計坪単価をかけて算出する方法です。この単価も施工業者さんによって大きき変わりますが、平均的な数字を35000円として、20坪の店舗工事をすると35000円×20=700000円となります。
デザイン設計費は業種や工事請負面積、業務内容によっても異なりますので、最低でも2社以上から相見積もりを取って費用やデザインの傾向を確認することをお勧めします。基本的な流れはお客様のイメージをお聞きして平面図を作るところから始まります。その後壁紙や照明、窓などの建具を提案してもらいます。図面が完成した後のお客様へのイメージプレゼンテーションがイラストのみなのか、立体模型なのかでも違います。またこのイラストや立体模型に修正をお願いした場合、この修正を再びイラストや立体模型で確認させてもらうのか、口頭確認のメモ程度でも良いのかでも変わります。
大抵の場合1回のお直しは料金内ですが、あまりにも全面的なお直しや2度3度とイラストや模型の修正をお願いすると、追加料金の発生もあり得ます。”

店舗や美容室の内装デザインは専門の建築士に依頼

“店舗を新規オープンするときに、大切なポイントが内装デザインです。
内装デザイン次第でオープン後の売上にも影響を及ぼすので、慎重に決めなければいけません。
美容室を新たにオープンするときも、内装デザインにはこだわりましょう。
落ち着いた雰囲気ならリラックスして施術を受けてもらえますし、明るく開放的なら入りやすくなります。
まずはすでにオープンしているさまざまな美容室を見て回り、参考にするのがおすすめです。
店舗や美容室の内装デザインは、実績のある専門家に任せるのが一般的です。
具体的には、店舗の内装デザインを専門に行う建築士などに頼むことになります。
専門の建築士に依頼をすると、実際の店舗を見たり理想のデザインを聞き取りながらそれらを元にして設計を行います。
最終決定する前に繰り返し打ち合わせをして希望や理想について伝えておくと、理想的な美容室になるでしょう。
しかし打ち合わせが上手くいかず建築士とコミュニケーションがとれていないと、イメージどおりの内装デザインになりません。
コミュニケーションをとりながら信頼関係を築いていくのは基本なので、正式に依頼する前に合う相手か見極めることが大切です。
また同じ内装デザインを専門とする建築士の間でも、強みとなる部分は異なります。
たとえば飲食店などの店舗を得意としている場合もあれば、美容室に実績がある建築士などです。
またデザインの方向性も建築士ごとに強みは異なるので、美容室を得意としていたり理想に近いデザインが得意なことを重視して選ぶようにしてください。
建築士の得意分野については、ホームページなどで公開されている過去の実績を確認すると判断できます。
過去の実績を確認して気に入った建築士に依頼をすれば、理想と得意分野が一致し失敗する可能性は低くなります。
店舗の内装デザインは美容室の将来に大きな影響を与えるポイントなので、失敗しないように建築士を選ぶ段階から慎重に決めましょう。”

美容室の店舗内装デザインの考え方

“美容室の内装デザインを考える場合は、お客さんの立場になって通いたくなる店舗を作る必要があります。
一般的に、薄汚れていたり古く感じるようなデザインは、あまりお客さんにウケないと考えられます。
また店舗に入る際、あるいは出る時に抵抗感を覚えるのも、美容室では避けるべき内装デザインだといえるでしょう。
美容室における主役はあくまでもお客さんなので、期待してドアを開けたり、満足して帰ることができるのが理想的です。
そう考えると、入り口は適度に高級感を持たせて、店内が明るく良く見える店舗に仕上げるのが良いと思われます。
ありきたりな無地の壁紙だと、清潔感があるとしても面白みに欠けますから、タイルを選択したり照明で演出するなどして、魅力を高めることが大事です。
美容室の店内では、鏡が存在感を発揮するので、鏡の枠もまた内装デザインの1つとなります。
ナチュラルさを活かすなら木製の枠がベストですし、テーブルや棚、そして梁に使う木を前面に押し出して見せるのも1つの手です。
もしくは、コンクリートの素材感を活かし、金属と組み合わせてインダストリアル風にする方法もあるでしょう。
いずれにせよ、内装デザインは清潔で適度に明るく、高級感もあるお店が人気店になり得ます。
施術中に圧迫感を覚えるような店内は、客足を遠のかせてしまうので要注意です。
例えば天井が低かったり、椅子と壁の距離を縮めなければいけないほど狭い内装デザインです。
お客さんのプライバシーに配慮するのは大切ですが、パーティションや柱が目立つのは考えものです。
開放的な空間こそが美容室の特徴ですし、むしろ大きな窓を設置したり、入り口をガラス張りにすることでお店の魅力のアピールに繋がります。
お客さんは見られることから美意識が高まり、従業員には真面目に取り組むインセンティブが働きます。
通りすがりの通行人は、外から店舗内に意識が向きますし、施術を受けるお客さんが魅力的に見えれば、自分も施術を受けようと考えることになります。
つまり、1つの要素が店舗の広範囲に影響しますから、鏡にしても窓にしても、良く吟味して決めることが肝心ですです。”

独自の魅力的な特徴がある美容室などの店舗の内装デザインを請け負う会社

理美容室・エステ・ネイル等のビューティーサロンや店舗を専門として、その内装デザインや設計や施工を請け負う会社があります。こちらの会社は独自のいくつかの特徴があります。そのひとつが、これまでの美容サロン専門の豊富な実績やノウハウがしっかりとあることです。美容サロンに特化しているからこそ、実際のサロンのお仕事のオペレーションを踏まえた空間をデザインすることが出来るのです。具体的には、限られたスペースでスタッフが働きやすい動線を確保したり、お客様が居心地良く過ごせるような空間を作ったりしています。また、立地やお客様のターゲットをきちんと分析して、集客力のある個性的な内装デザインや空間を提案することも魅力点だと言えるでしょう。お客様に「あのサロンで施術をしてもらいたい」と思ってもらえたり、そのサロンのコンセプトを十分に理解した上でそれに合ったベストなデザインを提案したりすることを大切にしています。それに加えて、他店にはないオリジナリティが溢れたデザインを作り上げるとして高い評価を得ているのです。さらに、高品質でありながらリーズナブルな価格の両立をしていることも見逃すことが出来ません。予算に応じた提案と、低コストでもそのサロンのイメージを崩さないベストな素材の提案を実現しています。この会社は、自社の設計士やデザイナーが設計を行なっており、下請けなどに全部任せるといったことがないことや、これにより余分な中間マージンが発生しないことも低価格の実現に繋がっていると言えるでしょう。その他、完成したら終わりではなく、アフタフォローがしっかりとしていたり安心の永久保証があることも安心して依頼出来るポイントとなっています。希望に合ったサロンが完成しても、実際に完成した後に小さなことでも微調整が必要となることはあるものです。こうしたことを踏まえて、完成後も施工方法が起因となるメンテナンスは、無期限で無償で対応するシステムが整っていることは嬉しい特徴だと言えます。